授乳中

授乳中に育毛剤を使用しても平気?

薄毛というと男性が抱える問題と思いがちです。
しかし今では女性にとっても、薄毛のは深刻な問題になっています。
薄毛といっても男性と女性では、原因が異なる場合が多いです。

男性の薄毛の場合は、男性型脱毛症が原因の場合が多いです。
男性型脱毛症の場合は、男性ホルモンの分泌によって大きく左右されます。
男性ホルモンが過剰に分泌してしまうことで、皮脂の分泌が増え薄毛の原因となってしまいます。

女性にも男性ホルモンはあるので、男性型脱毛症になる可能性はあります。
しかし女性の場合はどちらかというと、一部が薄くなるというよりも髪の毛全体が薄くなるといった症状が多いです。
女性で薄毛に悩む時期は、産後と更年期ときです。

どちらも女性ホルモンのバランスが崩れてしまっている状態ですが、更年期の時期はいろんな対策をとることができます。
しかし産後は授乳中の人が多く、育毛剤を使用してはいけないのではと思う人も多いでしょう。
授乳中はおっぱいを通じて多くの栄養素が赤ちゃんに届けられます。

なので育毛剤の成分が害にならないか心配な人もいるでしょう。
しかし今では授乳中でも安心して使用できる育毛剤はたくさん販売されています。
育毛剤を選ぶ際に使用してはいけないものさえ知っておけば、安心して育毛剤を使用できます。

まず一つ目はホルモン系の育毛剤です。
ホルモン系の育毛剤は、女性ホルモンのバランスを崩してしまい、副作用を起こす傾向かが強いので選ばないようにしましょう。
そしてせった医師に使用してはいけないのがミノキシジルが配合された育毛愛です。

ミノキシジルは医学的に唯一発毛の効果がある育毛剤の成分です。
なので薄毛には一番効果が高いのですが、妊娠中や授乳中は避けるように記されています。
育毛剤を選ぶ際には使用上の注意をしっかり読んでから選ぶようにしましょう。
産後の抜け毛は、産後半年ほどで症状が落ち着く人が多いです。
症状が深刻な人やなるべく早く改善したい人は、育毛剤の選び方だけ注意してから使用するようにしましょう。

このページの先頭へ