授乳中

育毛剤で気持ち悪くなったりしない?

今多くの世代で悩み事の一つに挙げられるのが、薄毛の悩みです。
薄毛というと老化現象の一つと思われがちですが、実は年齢問わず薄毛になやむ時代になっています。
さらに薄毛というと男性がなるものと思いがちですが、女性でも薄毛に悩む人が増えてきています。

そこで、注目されているのが育毛剤です。
昔から育毛剤は販売されていましたが、若い世代の人は恥ずかしくて買えない、独特のにおいがするなど避けられてきました。
それが今では使用感や匂い、店頭販売だけでなくネットや通信販売なども購入できるようになりました。

そうすることで誰にも会うことなく購入でき、育毛剤を使用していることもばれない商品が増えてきました。
これにより需要が高まり多くのメーカーからいろんな商品が発売されるようになりました。
多くのメーカーで発売されるようになると価格競争や育毛剤の質のなどでメーカーごとに特色を出してきます。

なので消費者としては何をどう選んだらいいのか迷ってしまいます。
そこで心配なのが副作用です。
頭皮にいいものを選んだはずが、逆効果になってしまう場合もあります。

心配される副作用は髪の毛だけではありません。
体調面にも影響が出てきます。
具体的には、動悸や、めまい、吐き気などを催す場合があります。

気分が悪くなってしまうと、頭皮だけと思っていた野がとても心配になってしまいます。
ただしすべての人に起こる症状ではありません。
育毛剤と使用する人の体の相性によっても異なります。

そして育毛剤に関しても、いろんなタイプの育毛剤が発売されています。
男性ホルモンを抑制するタイプ、血管を拡張するタイプ、栄養を与えるタイプなどがあります。
これらのタイプの中でも、血管を拡張するタイプの育毛剤が気分が悪くなるといった症状が多いことが分かっています。

血管を拡張する効果があるので、ドキドキした感じがしたり、気持ち悪くなる人もいます。
ミノキシジルが配合されている育毛剤などは、血管の拡張効果が高いため症状を発症する人が多いです。
このような症状が心配な人は、育毛剤を選ぶ際に気をつけるようにしましょう。

このページの先頭へ